3Dブルーレイプレーヤー – Sony BDP-S5500 2018

ソニーの他の家電製品と同様に、BDP-S5500 3D Blu-rayプレーヤーは、ホームシアターユーザーに最適化されたデザインと機能を強くブレンドしています。ディープカラーや24p再生などの再生機能を備えています。価格帯のほとんどのシリーズと同様に、ソニーには4K変換サポートは含まれていませんが、これは4K互換ディスプレイを搭載したテレビでのみ重要な機能です。

概要

主流値段の3D Blu-Rayプレーヤーにとって印象的なS5500には、2Dから3Dへの変換も含まれています。この機能は、2Dで制作されたコンテンツに対する3Dムービーの深度効果をシミュレートします。 3D変換の品質は、元々3Dで制作されたコンテンツよりも数ステップ遅れていますが、3D HDTVをさらに使いやすくするには最適です。映画「Gravity」の3D版での実践テストでは、プレイヤーとそのメニューが素早く簡単に操作できることがわかりました。

ソフトウェアに関しては、ソニーには驚きがほとんどありません。 Blu-rayプレーヤーの起動にどれくらいの時間を要したかというブーツテスト中、わずか11.4秒の遅れがありました。比較すると、同様の主流プレイヤーの平均ブート時間は9.6秒でした。ソニーのオペレーティングシステムは、メーカーのプレイステーションコンソールと同様のレイアウトであり、プレイヤーの使い勝手が向上します。メニューはきれいに設計され、ナビゲートが容易です。

物理的には、このSonyモデルは競合するBlu-rayプレーヤーと同じレベルになります。 9.1 x 7.6 x 1.5インチの寸法と1.8ポンドの重量で、プレーヤーは標準的なホームシアターのセットアップにうまく収まり、レビューした最小のユニットの1つです。 Wi-Fiサポート、イーサネット、同軸オーディオ出力などの標準的なポートオプションは、プレーヤーに内蔵されており、ホームシアター機器に便利な多機能性を提供します。ソニーのテレビSideViewリモートアプリケーションは、GoogleやAppleのデバイスでも利用でき、リビングルームのリモートクラッタを減らすのに役立ちます。

技術的な問題については、SonyはBDP-S5500のデフォルトの1年間の保証を提供しています。同社は、電話やライブチャットエージェントを含むいくつかのチャネルを通じてサポートを提供しています。

より多くの3Dコンテンツを消費したい主流のユーザーにとって、Sony BDP-S5500は強力な価値を提供します。プレミアムBlu-rayプレーヤーには完全な再生オプションはありませんが、コンパクトなユニットはホームシアターのセットアップに簡単に収まります。また、高度な3D機能と強力なハードウェア基盤を備えたS5500は、市場で最高のBlu-ray 3Dプレーヤーです。