最高のIDカードプリンタ – FARGO DTC4500e、2018

FARGO DTC4500eカードプリンタマシンは、IDカードやバッジをすばやく効率的に印刷するための高度な機能を備えています。学校、行政機関、その他の大企業に見られるような高需要の印刷ニーズに適しています。

その直感的なユーザーインターフェイスは、グラフィカルな表示でセットアッププロセスを指示します。印刷アクセスを制限するためにパスワードで保護するオプションがあります。

片面IDカードプリンタでは、両面印刷機能用にDTC4500eをアップグレードすることができます。それは、染料昇華および樹脂熱転写印刷法を用いてカード上に300dpiで直接印刷する。フルカラーで印刷する場合は、カードごとに16秒、モノクロで印刷する場合はカードごとに6秒しかかかりません。入力カードホッパーは、デュアル入力で使用すると200の容量を持ち、出力カードホッパーの容量は100です。

ラミネーションおよびエンコーディングモジュールを搭載していないベースモデルはEnergy Star認証を取得しており、省エネルギーのためにデフォルトのスリープ時間を2時間から5分に短縮しています。複数のモジュールオプションを使用すると、スマートカードや磁気ストライプのエンコーディング機能を追加したり、改ざん防止のセキュリティのためにラミネートオーバーレイを追加したり、カードホッパーの容量を増やすことができます。

DTC4500e IDカードプリンタはUSB経由でコンピュータに接続するか、イーサネットネットワーク経由でワイヤレスで接続することができます。 AES-256暗号化では、送信する情報は安全です。 Windows、Mac、Linuxオペレーティングシステムと互換性があり、カードプリンタマシンとそのプリントヘッドの両方に3年間の保証が付いています。

プリンタに加えて、DTC4500eには、すぐに使用可能なアクセサリが付属しています。このIDカードプリンタには、USBケーブル、米国およびEU諸国の電源コード、プリンタドライバおよび電子ユーザーガイドが付属したCDが含まれています。さらに、Embedded Swift IDやFARGO Workbenchなど、いくつかのソフトウェアが付属しています。

全体として、FARGO DTC4500e IDカードプリンタは大量使用に適しており、アップグレード可能なセキュリティ対策により、学校や政府のための理想的なソリューションです。箱の両面には印刷されませんが、アップグレードしたり、ラミネーションやエンコーディングのオプションを含む他のモジュールを追加して、ビジネスニーズに合わせることもできます。