最高のポータブルスキャナ – 富士通2018

コンパクトなFujitsu ScanSnap S1300i USBスキャナは、あなたのオフィスや家庭でのデスクトップ使用のために設計されています。このユニットは、ほとんどのポータブルスキャナよりも大きく、重いですが、10枚のドキュメントフィーダや両面スキャン機能などの大きな機能を備えています。

富士通ScanSnap S1300iは600dpiの光学解像度を備えていますが、ソフトウェア画像処理を使用して300〜1,200dpiの低解像度または高解像度の画像を生成することができます。 USBスキャナは、白黒、カラー、またはグレースケールのドキュメントをキャプチャします。スキャン速度は、高解像度のカラースキャンの場合は1分あたり1ページから、低解像度の白黒画像の場合は1分あたり24ページに及ぶ。 ScanSnap S1300iは、サイズが1 x 1から8.5 x 14.1インチまでのページを扱うことができます。ユニットの給紙部は最大10枚の20ポンド紙を扱います。

ScanSnapのサイズは約11 x 4 x 3インチで、重さは約3ポンドです。スキャナはWindows(XP以降)およびMac OS X(10.5以降)と互換性がありますが、一部のバンドルソフトウェアはWindowsのみで使用できます。 2GBのRAMと2GBの空きドライブ容量を備えたIntel互換のコンピュータが必要です。バンドルされたアプリケーションごとに追加のドライブスペースが必要です。このUSBスキャナには、付属のAC電源アダプタまたはコンピュータに接続された2本目のUSBケーブルを使用できます。専用AC電源アダプタを使用すると、より高速なスキャンが可能になります。

原稿をスキャンするには、原稿を給紙部に置き、スキャンボタンを押します。原稿がスキャンされると、ScanSnapソフトウェアは自動的にページをまっすぐにしてトリミングし、カラー補正を実行して空白のページを削除します。ファイルをPDF、JPG、WordまたはExcelファイルとして保存したり、添付されたプリンタに直接送信したり、Evernote、Google Docs、Salesforce CRMなどのクラウドストレージ製品に直接エクスポートして共有することができます。名刺をスキャンしている場合、光学式文字認識ソフトウェアは、付属のCardMinderアプリケーションに自動的に入力することができます。また、無料のScanSnap Connectアプリケーションを使用して、Wi-Fi接続のタブレットまたはスマートフォンに直接ドキュメントを共有することもできます。このポータブルスキャナをWindowsコンピュータで使用している場合は、付属のScanSnap Organizerアプリケーションを使用して、検索可能なドキュメントを作成し、SharePointコンテンツ管理システムでカスタムキーワードをテキストで選択したり、ファイルを保存したりできます。

富士通のScanSnap S1300iは、生産性とデータ管理ソフトウェアの選択肢を備えた有能なUSBスキャナです。このスキャナは旅行には理想的ではないかもしれませんが、他のポータブルスキャナよりもやや重くてかさばりますので、複数ページの原稿送りや両面スキャンなどの機能を備えています。