ビート作成ソフトウェア – ACID Music Studio 92018

ソニーのACID Music Studio 10には、無制限のトラッキング、大規模なループライブラリ、多量のプラグインなど、トップレベルのデジタルオーディオワークステーション(DAW)の魅力的な外殻があります。このプログラムの欠点は、ビート・プログラムの内部の仕組みを詳細に理解し始めると、より明らかになります。

概要

空のオーディオテンプレートを開くと、インターフェイス全体が白くなり、ワークスペースの右側にグリッド状の配置ウィンドウが表示されます。白いトラッキング情報を持つ白いインターフェイスはクラスタ化されて見え、録音を開始するとナビゲートするのが難しくなります。他のビートソフトウェアには、明るいトラッキングカラーの暗い色のインターフェイスがあり、使いやすくなっています。

ACID Music Studio 10を駆動するオーディオエンジンは、24ビット/ 192 kHzオーディオエンジンです。業界標準のエンジンは32ビットですが、64ビットエンジンはますます普及しています。 24ビットのオーディオエンジンは、後継機種ほど強力ではなく、32ビットまたは64ビットのオーディオエンジンが提供するオーディオ信号では余裕がありません。

ACID Proにアップグレードしない限り、外部コントロールを使用せずにレコーディングを行う必要があります。 ACID Music Studio 10は外部制御チャンネルトラッキングサーフェスと互換性がありません。外部コントロールは、ミックスと録音のための実践的なツールを好む場合に便利です。

ほとんどのイントロダクションビート作成ソフトウェアとは異なり、ACID Music Studio 10は録音された機能を制限しません。セッションごとに必要な数のオーディオトラックとMIDIトラックを追加して、制限なく実行することができます。録音すると、入力をバスに乗せることはできません。一般に、多くのオーディオトラックを1つのオーディオチャンネルに統合するために、バスケットが使用されています。これは、ドラムと時間、空間、CPUで最も一般的に行われます。

初心者のユーザーは、3,000のサウンドとループをあなたの作品に挿入する準備ができているループライブラリに満足しています。録音したオーディオに余分なエフェクトを追加するときは、60種類以上のプラグインを選択できます。この音楽作成ソフトウェアは、オーディオレコーディングに必要な数のエフェクトを適用するオプションを提供します。このプログラムの無制限の自然録音の性質は印象的です。

ACID Music Studio 10には賞賛と欠点があります。必要に応じて多くのオーディオトラックとMIDIトラックを追加できる無制限の録音スペースを提供しますが、外部コントロールサーフェスには対応しておらず、入力バスを許可していません。しかし、この入門ビートプログラムは、録音の世界を開始して学ぶのに適しています