最高のサウンドカード – HTオメガストライカー7.1

HT Omega Striker 7.1は、この会社が製造する数少ないハイエンドサウンドカードの1つです。 Strikerには、圧縮されたサウンドリバイタライザー、A3Dサポート、EAXサポートがあります。 HTオメガストライカーはサウンドカードのスペクトルの下端にありますが、それでもオンボードオーディオからのアップグレードです。豊富なAPIセットにより、このカードにはあらゆるオーディオタスクに必要な自由が与えられます。一方、オーディオ性能は、マザーボードに付属の標準のオーディオシステムよりわずかに優れています。

概要

出力信号対雑音比(SNR)は決してこのカードのセールスポイントではありません。入力と出力の両方のSNRは112dBの平均値を大幅に下回り、わずか100dBです。このカードはこのエリアでは単に照らされません。 THD(Total Harmonic Distortion)も、私たちが検討したほとんどすべてのカードよりもはるかに高い(低い方が良い)ので、残念です。入力と出力の両方で0.002%で、HT Omega Striker 7.1は、高品質のオーディオファイルを聴いているときに歪みがある可能性が非常に高いです。 2つの電圧レギュレータは電力の流れを管理するのに役立ちます。これは、電圧ピークが問題ではないことを確認するのに役立つ機能です。オペアンプはSMDであり、将来のアップグレードのために交換することはできません。

HTオメガストライカー7.1の周波数応答はわずか40Hzから15kHzです。このサウンドカードには大きな桁があります。人間の耳は、理論的には、20Hzの低周波数から約20kHz(20,000Hz)の高周波数までの周波数を聞くことができる。それを念頭に置いて、人間が聞くことができるものよりも低い範囲のサウンドカードを製造者が作り出すのは謎です。周波数応答を微調整すると、このサウンドカードの音質が大幅に向上します。

解像度は、最新のサウンドカードのように、すべて24ビットです。しかし、サンプルレートは別の話です。 S / PDIFの入出力はもちろん192kHzですが、アナログとステレオのサウンドを含むすべてのものはすべて96kHzです。 192 kHzがますます一般的になっているので、そのレベルでほとんどのサンプルレートが見込まれます。 Strikerはac97コーデックチップであるため、外部アナログ – デジタル変換(ADC)またはデジタル – アナログ変換(DAC)はありません。

このサウンドカードには、私が見たI / Oポートの中でも最も良いセットがあります。ヘッドフォンからサラウンド・サウンド・システムに接続するための4つの3.5mm出力ポートを備えています。 2つの3.5mm入力ポートもあり、1つはマイク用で、もう1つは通常のライン入力補助ポートです。 3つのS / PDIFポートは、光出力、同軸出力、光入力で構成されています。光入力は、別売のアダプタと同軸に簡単に変換されます。

HT OMEGA STRIKER 7.1は、オーディオ性能に関して市場で最も驚くべきサウンドカードではないかもしれませんが、まともなI / Oポートセットはあなたに多くの自由を与えます。 APIのサポートは希薄であり、古くなっていますが、それでもゲームとホームシアターの両方をカバーしています。余分なカラオケ機能は少し楽しい機能を追加します。この機能により、オーディオ機能が少し必要ですが、市場で最高のサウンドカードは必要ありません。